一个人欣赏夜景的句子

 

 

夜色抹去了最后一缕残阳,夜幕就像剧场里的绒慕慢慢落下来。

夜色是那么迷人,天上一颗一颗蓝幽幽的小星星,神秘地眨着眼睛,离我们是那样遥远。

星星仿佛是撒在这块粗布上闪光的碎金…

 

 

太陽の光を消し去った暗闇が、劇場のカーテンのようにゆっくりと降りてきます。

星はあんなにも遠いところで、一つ一つ神秘的な瞬きをし、私たちをこんなにも夢中にさせます。

まるで布の上に撒かれた宝石のようです…

 

 

 

 

夜の景色というのはなぜか人々の心を引き付けますね。

夏目漱石も「I love you」を「月がきれいですね」と訳したことは有名ですが、

暗闇に輝く月や星には、愛情を表現したくなるような不思議な力があるように思います。

 

 

 

本日は、クリスマスということで、

 

「一个人欣赏夜景的句子」

 

「一人で夜景を鑑賞する時の言葉」をご紹介します。

 

 

 

 

 

 

 

①夜阑人静,大地上万物都进入梦乡

 

 

 

 

 

②寒夜的天幕,半个月亮斜挂,星星在闪烁着

 

 

 

 

③萤火虫像一颗颗绿色的小星星在夜色中流动着

 

 

 

 

④明镜般的月亮的月亮悬挂在天空,把银色的光辉谱写到大地上

 

 

 

 

 

 

 

それぞれ違った景色を楽しめる言葉ですね。

夜の景色を見るときに思い出してみてください。