日美の経営理念(2)

どんな商売でもそうかもしれませんが、お客様が増えてくると、その組織全体が調子にのり、浮ついた状態になります。お客様ひとりひとりの顔も徐々に見なくなり、サービスや対応が疎かになっていきます。「驕り」の気持ちが発生し、やがて、お客様からの信用・信頼を失います。

 

弊校でも最近若干そういうきらいがあったので、私は考えました。

 

「原点」に立ち返らなければならない。

 

そもそも、何のためにこの学校を設立したのか。

 

すべては、お客様(学習者)のためではなかったか。悩みに悩み、経営理念を再考することにしました。

 

すべての学習者に

・知ること

・学ぶこと

・考えること

これらの楽しさと喜びを体感してもらう。

 

初心を忘れず、お客様ひとりひとりの要望、希望、悩みや問題をしっかり聞こう。お客様ひとりひとりの顔をしっかり見て対応していこう。

 

2017年6月26日、私はそう心に決めたのです。

 

あれこれ考えているうちに、こんなにシンプルになってしまいましたが、お客様(学習者)のみなさまからは好評です。