どうやったら中国語をマスターできますか?

みなさん、こんにちは。

日美校長の森です。

ここ10年間で、何千人という生徒さんから

「どうやったら中国語をマスターできますか?」
という質問を受けてきました。

巷では、

①中国語は筆談から学ぼう!とか
②激安中国語レッスンではじめよう!とか
③中国語は漢字表記だから簡単!とか
言われていますが、

ぜんぶ、まったくの嘘っぱちです。

みなさん、よく考えてください。
 
そんなに簡単に中国語をマスターできたら
日本人の10%くらいは中国語を話せてもおかしくないですよね?

でも、日本人でまともに中国語を話せる人って、
何人くらいいるんでしょうか。

調べていないので、正確にはわかりませんが
0.1%もいないでしょう。

まず、

①中国語は筆談から学ぼう!は絶対にありえません…
中国語をマスターするにあたって、後々大きな弊害を
及ぼすことになるでしょう。
 
何より恐ろしいのは、漢字を見て文の意味がわかると
「中国語ができるようになったと錯覚してしまう」ことです。

で、結局、「聞けない」「話せない」…。

筆談で学んで中国語をまともに
話せる日本人を私は見たことがありません。

中国語をしっかりマスター(聞き取れる・話せる)したければまず
「よく聞き」、「よく話す」ことです。
 
次に、

②激安中国語レッスンではじめよう!…ですが、
「激安」っていうのは、もちろん訳があります。

大抵、日本語を話したい賃金の安い中国人留学生が
レッスンをします。当然ですよね。激安なんだから…
お互いにメリットがないと成り立つ訳ないですよね、このレッスン(このビジネス)…。

お客様ー激安の学費でレッスンを受けられる。ただしクオリティーは期待できない。
先生ー日本語をたくさん話せる機会がもらえる。ただし賃金は期待できない。

お客様が日本語の先生となって、日本語の授業をするはめになり、
レッスン自体が自然消滅していきます。

で、結局、失われるのは「時間」と「幾許かのお金」。
 
最後に、

③漢字表記…実はこれが
一番のクセモノです。

中国語は漢字一つ一つにピンイン(母音+子音+アクセント)と
呼ばれるローマ字表記があります。
 
例えば、「私はあなたを愛しています」は
「我Wǒ 爱ài 你nǐ」となる訳ですが、

ここで、「我爱你」と漢字を思い浮かべては
いけません。
 
「Wǒ ài nǐ」とピンインを先に
思い浮かべられるようにならないと、
中国語は永遠にマスターできないでしょう。

で、具体的にはどうすればいいの?

答えは簡単。
 
弊校の

「中国語オンラインレッスン」を
ご受講されるか、

「短期語学留学コース」を
ご体験いただければ、

必ず中国語をマスターすることができますよ〜!!

お後がよろしいようで、ちゃんちゃん。