山東省観光局の翻訳を終えて…

今回、山東省観光局の資料を中国語から日本語に翻訳しました。

 

・総合

・歴史文化

・美食

 

の三つに分かれていて、

 

なんと全部で

 

250P(どーん)!!

 

 

芦先生、野村先生、斎藤先生にも、校正を手伝ってもらったのですが、7月、8月は本当に地獄の毎日でした。

(先生方、お疲れさまでした…)

 

 

 

 

でも、ヘロヘロになりながら翻訳して、わかったことがあります。

(16年前から、翻訳の仕事を始め、ハイアール、華東葡萄酒、即墨市、東営市、中国海洋大学パンフレットなどなど、いろいろ訳しましたが、今回のが一番大変でした…)

 

難解な中国語の文章を翻訳する時は、

 

①『中日辞典(小学館)』よりも、『中日大辞典(愛知大学中日辞典編纂所編 大修館)』の方が、引用文と詳しい説明があり、断然役に立つということ。

ウィキペディアは、すばらしいということ。

百度百科(中国最大の検索サイト)がかなり使えたこと。

 

皆さんもいつかは、日中/中日の翻訳家の道を選ぶかもしれません。

以上の三点はおさえておきましょう。

 

9月下旬には、山東省観光局のホームページ(日本語バージョン)が完成しますので、楽しみに待っていてください!