むかし悪ガキ、いま…

14年前の教え子が遊びに来てくれました。お母さんは山东省临沂の方(この地方の人は最後までめげない、諦めないと言われています。中国では地方によって、苦役に耐えるとか、意外に薄情だとか、情に厚いとか…色々あるのが面白いですね)で、青島で洋食レストランを経営されていました。当時、お母さんの作るハンバーグ定食とスパゲティカルボナーラが美味しくて美味しくて、週に三回は通っていました。

 

 

 

 

西田みひろ君は、北大を1年前に卒業(優秀です)。卒業後、オーストラリアに1年間留学して、今年の4月から「村田製作所」に就職予定です。「村田製作所」といえば、駐在員のビジネスマンと語学研修生が弊校で中国語を学んでくれています。

 

世界各地に駐在員事務所があるようですので、今後、ますますの活躍が期待されます。

 

先日紹介した、佐古一将君は、六ツ星ホテルのスタートアップでスリランカにいるし、3分も椅子に黙って座っていられなかった十数年前の悪ガキ坊主たちがこんなにも立派になって、ちょくちょく顔を出してくれるのは、正に先生冥利に尽きます。

 

駐在員のビジネスマンと奥様、学習塾に通う子供たち、中国短期語学留学と中国語オンラインレッスンのお客様(学生)、スタッフ、講師が、縦横(SNS)に、時間軸(心)を超えて、まるで「糸(縁)」のように、繋がっている「青島日美」は私から見ても魅力的です。

 

こういうサスティナブルな関係を、皆さまと一緒に、十年、二十年、三十年、続けて行きたいと思っています。今日2/21で春節休暇は終了しますが、明日から始まる新しい一年も、何卒よろしくお願い申し上げます。