利用規約 中国語オンラインレッスン

青島日美外語専修学校(以下、「当校」といいます。)は、当校が運営する「青島日美外語専修学校」ウェブサイト上で提供するオンライン中国語レッスンサービス(以下、「本サービス」といいます。)を本サービスの会員、申込み希望者及び利用者が本サービスを利用することに関し、以下のとおり利用規約(以下、「本利用規約」といいます。)を定めます。会員、申込み希望者及び利用者は、本利用規約を本サービス利用前に必ず熟読し、本サービスを利用する時点で本利用規約の内容を承諾したものとみなします。

第1条(会員登録及び変更)

1. 本サービスを利用しようとする申込み希望者及び利用者は、当校の提供する本サービスを申込みすることにより会員(以下、「会員」といいます。)となります。

2. 会員は、会員登録内容に変更があった場合は、速やかに当校に対しその旨を通知するものとします。

3. 会員が前項の通知を怠ったことにより、本サービスの利用に支障が生じたり、その他会員がいかなる不利益を被ったとしても、当社は、何ら責任を負わないものとします。

第2条(本利用規約の適用等)

1. 本利用規約の適用の範囲は、無料トライアルや当社サイトの閲覧を含めた、本サービスの利用全般に及ぶものとし、当校が申込み希望者及び利用者に対して電子メール等で発信する情報も含みます。

2. 当校は、会員、申込み希望者及び利用者の承諾を得ることなく、本利用規約の内容を変更することができるものとします。変更後の本利用規約については、会員、申込み希望者及び利用者に対しては当校サイト上に掲載する方法、または当校から会員登録された会員のメールアドレスに電子メールを送信する方法により会員へ告知するものとし、当該告知の時点から変更後の本利用規約が適用されるものとし、会員、申込み希望者及び利用者はこれに同意するものとします。

第3条(本サービスの申込み)

1. 本サービスの申込みは当校所定の方法で行うものとします。なお、会員は、本サービスの申込みにあたり、下記の事項を確認し、同意するものとします。

① 本サービスを利用できるよう当校が指定する通信環境を自己の負担と責任で整えること。
② 会員が制限行為能力者(未成年・成年被後見人・被保佐人・被補助人)の場合、親権者等法定代理人の同意を得ること。
③ 本サービスの会費を第6条に定める方法により支払うこと。ただし、無料トライアルはこの限りではありません。
④ 本サービスがSkypeを通じて提供されること及び本サービスを正常に利用できるように、自らの費用と責任でSkypeを当校が推奨する環境で準備すること。
⑤ 当校が会員に対して実施する電子メールによる通知、広告、アンケート等を受領すること。
⑥ 当校による応対の品質向上等のため、当校が会員の問い合わせ内容を記録、録音、保管すること。

2. 会員は、第6条に定める会費の支払いが当校により確認された日(以下、「利用開始日」といいます。)から本サービスの利用を開始できるものとします。なお、当校は会員の会費の支払いを当校が確認するまで本サービスの利用を制限できるものとします。ただし、無料トライアルはこの限りではありません。

3. 会員が下記に定める事由に該当する場合、当校は、当該会員の本サービスの申込みを拒否することができ、また、申込みが既に完了している場合でも当該申込みを取消すことができます。

① 本利用規約に違反した場合。
② 第1条の会員申込みの際に虚偽の申請、通知をした場合。
③ 過去に当校により申込みを取り消されている場合。
④ 会員が指定した支払方法による支払いができない場合。
⑤ 過去に当校に対する支払いを怠っていた場合。
⑥ 会員が制限行為能力者(未成年・成年被後見人・被保佐人・被補助人)の場合で親権者等法定代理人の同意を得ていない場合。
⑦ その他、本サービスの会員として不適当であると当校が判断する場合。

4. 会員は、本サービスを利用する権利を第三者に譲渡、使用、共有、貸与、売買、名義変更、質権の設定、担保に供することなどを行ってはなりません。

5. 会員は、当校が会員登録された会員のメールアドレスに電子メールを送信する方法により連絡を取ろうとした場合、当校に対し速やかに連絡を取り、当校の指示等に従わなければなりません。なお、会員は、同連絡を速やかにせずまた当社の指示等に従わないことにより生じる全ての損害等について責任を負うものとします。

第4条(本サービスの利用期間)

1. 本サービスの利用期間は、月会費コースは1ヶ月単位、特別コースと集中特訓コースは個別の学習計画に準じます。月会費コースの会員から退会、休会の通知が無い場合、当校は会員が本サービスの利用を継続する意思があるものとみなし、会員に対し継続して本サービスを提供します。なお、利用開始日が月半ばである場合、月末で1度締切り、その翌月の月初めを1ヶ月の開始日(以下、当該1ヶ月の利用期間を「利用月」といいます。)とします。

2. 利用期間は、理由の如何を問わず、中断されないものとします。

3. 本サービスの開始時間、利用開始日、利用月及び利用期間については、日本時間によるものとします。

第5条(レッスン)

1. 月会費コースのレッスンは、一月当たり4週と換算し、1時限50分間の月4回(週1回)、月8回(週2回)のコースを基本といたします。会員はレッスン利用開始にあたり、当校と相談の上、あらかじめ受講曜日及びレッスン開始時刻を決定し、当校が講師を決定します。なお、月に第5曜日がある場合、当月分の会費を支払う期限である前月末日までに当校へ通知し、追加の会費を支払うことによりレッスンを追加受講することができます。また、当校とあらかじめ取り決めることにより、同日に1時限、2時限と連続受講したり、補講として曜日を追加し週に2回、3回と受講することも可能です。

2. レッスン時間は、特段の定めがない限りいかなる場合も中断されないものとします。

3. 本レッスンの利用可能時間は、本利用規約に別の定めがある場合を除き、7時~24時(日本時間)の間とします。ただし、キャンペーン期間等、当校の定めにより、利用可能時間を変更することがあります。利用可能時間を変更する場合は、当校サイトで告知します。

4. 会員がレッスンの開始時刻から10分経過しても、当該レッスンを担当する当校講師からの問いかけに応答がない場合、当校は、会員がレッスンを欠席したものとみなし当該レッスンを終了することができ、当該レッスンを利用したこととします。また、当校は、理由の如何を問わず、会員都合によりレッスンの開始時刻が遅延した場合、当該レッスンは定刻にて終了し、レッスン時間の延長は行いません。

5. 会員は、レッスンの利用をキャンセルする場合、当校に対して、当該レッスン開始日時の前日までにキャンセルの連絡を行わなければなりません。なお、キャンセルの連絡が所定の日時までにない場合、当校は、会員がレッスンを欠席したものとみなし当該レッスンを利用したこととします。

6. 会員は月4回のレッスンごとに1回まで、レッスンの振替を行うことができます。なお、レッスンの振替は少なくとも翌月内までに消化しなければなりません。レッスンの振り替えを希望する場合は、当該レッスン開始の3日前までに当校と相談し、振替日を決めなければなりません。3日前までに通知されなかった場合、当該レッスンはキャンセルされたものとみなします。

7. 当校は、講師のやむを得ない事由によりレッスンが実施できない場合、当該レッスンのキャンセルを行なうことができるものとします。

8. 前項により、当校が当該レッスンのキャンセルを行う場合、会員に通知の上、別の講師によるレッスンの実施(以下、「代講」といいます)を行うことができるものとします。また、当校が代講を行わなかった場合、会員は第6項の振替の取得回数に制限されることなく、代講分のレッスンの振替を行うことができます。なお、レッスンの振替は少なくとも翌月内までに消化しなければなりません。

9.集中特訓コースの1レッスンは1時限50分間とします。また、利用規約は第5条第2、3、4、5、6、7、8項に準するものとします。

10.特別コースご利用の際、所定の日時までに受講、または課題が提出されなかった場合、キャンセルされたものとみなし、補講等は実施いたしません。

第6条(会費・会費の支払い方法)

1.本サービスは、別ページ「コース・料金」の通りとします。

2. 本サービスの会費の支払い方法は銀行振込によるものとします。なお、会員は翌月分の月会費を毎月末日までに、当初の利用開始日が月半ばである場合または月会費以外のコースを受講する場合は所定の会費を申込時までに、当校が支払期日当日に銀行口座で通帳記帳により確認できるよう前払いするものとします。なお、振込手数料は会員負担といたします。

3. 本サービスの利用期間は、本利用規約第11条または第12条の手続きを行なわない限り、同コースを同利用料金にて自動で更新されるものとします。また、会員は、当校が会員より前払いされる会費を当社の銀行口座にて確認できない場合、レッスンの受講ができなくなることに同意するものとします。

4. 当校は、会員が支払った会費に関して、返金しないものとします。会員は、サービスの終了を希望する場合は、第12条に定める退会手続きを申請しなくてはなりません。

5. 本サービスのコースを変更する場合は、会員は当校に対し、翌利用月が開始する5日前までに変更する旨の通知を行わなくてはなりません。

第7条(サービスの中断・休止)

1. 当校は、日本国、中国の祝祭日(春節、国慶節など)を理由とした本サービスの中断、休止、提供レッスン数の減少について、事前に当校サイト上に掲載または当校から会員に対する電子メールでの連絡をもって行うものとし、この場合、会員は、本サービスを利用できないこと及び利用可能なレッスン数が減少することがあることに同意するものとします。

2. 当校は、講師の研修、通信設備等のメンテナンスなど本サービスを適切に提供するために必要がある場合は、事前に会員に通知することにより、レッスンを休止することができるものとし、この場合、会員は、本サービスを利用できないことがあることに同意するものとします。

3. 当校は、国内外の政治情勢・天変地異等、Skypeの障害、通信障害またはその他やむを得ない事由により本サービスの提供が困難な場合、予告なしに本サービスを中断・休止することができるものとし、この場合、会員は、本サービスを利用できないことがあることに同意するものとし、会費返還・減額請求及び損害賠償請求など一切行わないものとします。

第8条(禁止行為)

1. 会員、申込み希望者及び利用者は、本サービスの利用に際して、以下に定めることを行ってはなりません。

① 本サービスを利用する権利を第三者に譲渡、使用、共有、貸与、売買、名義変更、質権の設定、担保に供する行為。
② 第三者に譲渡、貸与等することまたは第三者に使用させる行為。
③ 当校の営業、名誉、信用、著作権・特許権・実用新案権・意匠権、商標権及びその他の知的財産権、肖像権、プライバシーなどを侵害する行為。
④ 違法行為、公序良俗に反すること。
⑤ 本サービスの運営を妨げる行為。
⑥ 本サービスを直接自己または第三者の営業行為、営業目的及びその準備に利用する行為。
⑦ 他の会員、申込み希望者及び利用者、当社講師及び当校関係者に違法行為を勧誘または助長する行為。
⑧ 他の会員、申込み希望者及び利用者当校講師及び当校関係者が経済的・精神的損害、不利益を被る行為。
⑨ 犯罪行為及び犯罪行為に結びつく行為。
⑩ 当校講師への嫌がらせや、不良行為などレッスンの進行を妨げる等のハラスメント行為。
⑪ 当校講師の雇用条件など一般に開示していない当校の機密情報を詮索する行為。
⑫ 当校講師に対する一切の勧誘行為。
⑬ 手段の如何を問わず、本サービス以外の機会に当校講師に接触しようとする行為。
⑭ 当校関係者への暴言・脅迫行為及びその他当校の業務の進行を妨げる行為。
⑮ 当校講師の個人情報を得ようとしたり、本サービス以外で面会を勧誘する行為。
⑯ 本サービスの全部または一部を基にしたサービスを提供する行為。
⑰ レッスンを受ける目的以外に本サービスで取得できる教材(以下「レッスン教材」といいます)を使用する行為。レッスン教材には無料トライアルで取得できる教材や当校サイト上で閲覧できる教材も全て含みます。
⑱ その他、本サービス運営上、当校が不適当と判断する一切の行為。

2. 会員、申込み希望者及び利用者は、前項に違反する行為に起因して当校または第三者に損害が生じた場合、本サービスからの退会後であっても、すべての法的責任を負うものとし、いかなる場合も当校を免責するものとします。

第9条(処分規定)

1. 当校は、会員が下記のいずれかに該当する場合、当該会員に対して、本サービスの利用の一時停止または退会の処分を行うことができます。

① 第8条に定める禁止行為を行った場合。
② 本利用規約の各規定に違反した場合。
③ 利用料金の支払を遅滞または怠った場合。
④ 本サービスの利用に関し当校または当校講師からの指示等に従わなかった場合。
⑤ その他当校が会員による本サービスの利用を不適切と判断した場合。

2. 会員が前項に基づき当校から処分を受けた場合、利用期間は中断せず、また、当校は、当該会員に対して、当該会員が既に支払った利用料金の返金を一切行わないものとします。

第10条(休会)

1. 休会とは、本サービスの利用を一時的に停止することをいいます。なお、休会は、月会費コースの場合、利用月ごとの1ヶ月単位で適用されます。特別コースと集中特訓コースは、個別の学習計画に準じた期間で適用されます。

2. 会員は、当校所定の方法により休会申請を行うことで休会することができます。なお、当校が休会申請を確認し、休会手続きを完了した旨を電子メール等で会員に通知した時点で休会手続きの完了とします。

3. 会員は、休会申請を翌利用月が開始する5日前までに行わなければならず、それまでに申請がなされない場合は、翌々利用月よりの休会となります。休会手続き完了後も当該利用月の利用期間満了までは本サービスを利用することができます。休会申請が認められたとしても、集中特訓コース、特別コースの有効期間はレッスン開始日から最長で1年とします。

4. 休会後、本サービスの利用再開を希望する場合、会員は、当校が定める手段により利用再開の手続きを行うものとします。

第11条(退会)

1. 会員は、当校所定の方法により退会申請を行うことで退会することができます。なお、当校が退会申請を確認し、退会手続きを完了した旨を電子メール等で会員に通知した時点で退会手続きの完了とします。退会手続き完了後も当該利用月の利用期間満了までは本サービスを利用することができます。

2. 会員は、退会申請を翌利用月が開始する5日前までに行わなければならず、それまでに申請がなされない場合は、翌々利用月よりの退会となります。

3. 当校は、第9条の処分規定に従って、会員を退会させることができるものとします。この場合、当校が会員に退会処分をした旨を電子メール等で通知した時点で退会手続きの完了とします。この場合、退会手続きの完了以降本サービスを利用することはできなくなります。

4. 会員の登録情報は、会員からの特段の申し出がない限り、退会後当社が定める期間をもって削除されるものとします。

5. 会員は、退会後、本サービスに関する一切の権利を失うものとし、当校に対していかなる請求も行うことができないものとします。

6. 会員は、自身の行為等に起因して当校または第三者に損害が生じた場合、退会後であっても、すべての法的責任を負うものとし、いかなる場合も当校を免責するものとします。

7. 会員は、退会後、残りの利用期間(以下「残存期間」といいます)分の会費の返金を一切請求することはできません。また、利用月の途中で退会を申請された場合でも、当校が会員に対し当該利用月の残日数分の返金を一切行わないことに同意するものとします。

第12条(通知)

1. 当校の会員に対する通知は、当校サイト上への掲載または登録された会員のメールアドレスへの電子メールの送信により行なうものとし、当校サイト上への掲載の場合は掲載された時点をもって、また、電子メールの送信の場合は電子メールが送信された時点をもって、通知が完了したものとみなします。

2. 会員は、会員登録した自らのメールアドレスにより当社からの電子メールを受信できるよう設定しなければなりません。

3. 当校は、本サービスに関する情報等を電子メールで会員に通知する場合、会員が当校からの電子メールの受信を拒否する設定をした場合でも、会員登録されたメールアドレス宛に送信した時点をもって通知が完了したものとみなします。

4. 当校は、会員が会員登録したメールアドレスに不備があったこと、会員がメールアドレスの変更を当校に通知しなかったことまたは会員が適切に受信設定しなかったことに起因して当校からの電子メールが会員に届かなかった場合、同不到達に対して、一切責任を負わないものとします。なお、会員は、同不到達に起因して生じるすべての損害等について責任を負うものとし、いかなる場合も当校を免責するものとします。

第13条(登録情報の取り扱い)

1. 当校は、会員の登録情報及び会員が本サービスを利用する過程で当校が知り得た会員の情報を本サービスの提供の目的のために使用できるものとします。

2. 当校は、会員の登録情報を会員の事前の承諾なく第三者に開示しないものとします。ただし、以下に該当する場合は、この限りではありません。

① 法令等及び公的機関より開示を求められた場合。
② 本サービスの提供の目的で本サービスの一部を委託する第三者に提供する場合。
③ 会員が開示することに明示的に同意している場合

3.  当校は、会員の登録情報のうち、「個人情報」に該当する情報について、「個人情報の取り扱いについて(URL: http://www.nichibi-chinese.com/privacy)」に則り取り扱うものとします。

第14条(損害賠償責任)

1. 当校は、会員、申込み希望者及び利用者が本利用規約に違反した場合、会員、申込み希望者及び利用者に対して、同違反行為により生じた損害及び損失の賠償を請求できるものとします。

第15条(著作権・所有権)

1. 当校が本サービスで使用するレッスン教材、画像、写真、グラフィック、ユーザーインターフェース、その他のコンテンツをはじめ、本サービスに関する商標、ロゴマーク、記載、本サービス運営のシステム等についての著作権、その他の知的財産権及び所有権は、全て当社に帰属します。会員、申込み希望者及び利用者は、当校の事前の明示の承諾なくこれらを使用したり、他のサイト上等へ転載等を行ってはなりません。

2. 当校は、会員、申込み希望者及び利用者が前項に違反した場合、会員、申込み希望者及び利用者に対して法的措置等をとることがあります。

第16条(免責事項)

1. 会員、申込み希望者及び利用者は、下記の各条項に定める事項に起因または関連して生じた一切の損害について、当校がいかなる賠償責任も負わないことに予め同意します。

① 本サービスの利用に際し、満足な利用ができなかった場合。
② 急激な会員数の増加、または第7条に定める事由により、本サービスのレッスン数が不足したことに起因する場合。
③ 希望する特定の時間帯のレッスンが予約できなかった場合。
④ 希望する特定の講師のレッスンが予約できなかった場合。
⑤ 第7条に定める事由、ネットワーク工事またはそれに起因する回線の不通・不良、日本国・中国での停電や通信障害等によりレッスンに不都合が生じた場合、並びにレッスンを中止せざるを得なかった場合。
⑥ 第三者による会員登録した情報への不正アクセス及び改変など。
⑦ 本サービスの学習効果や有効性、正確性、真実性等。
⑧ 本サービスに関連して当校が紹介・推奨する他校のレッスンや教材等の効果及び有効性ならびに安全性及び正確性等。
⑨ Skypeまたは当校の提携先企業が提供するレッスンの不具合、トラブル等により本サービスが利用できなかった場合。
⑩ 本サービスに関連して受信したファイル等が原因となりウィルス感染などの損害が発生した場合。
⑪ 本サービス上で提供するすべての情報、リンク先等の完全性、正確性、最新性、安全性等。
⑫ 本サービスの利用に関して、会員、申込み希望者及び利用者がサービスを利用したこと、または利用できなかったことに起因する一切のことについて。

第17条(準拠法・専属的合意管轄裁判所)

1. 本利用規約の準拠法は、日本国法とします。また、当校、会員、申込み希望者及び利用者は、本サービスまたは本利用規約に起因もしくは関連して当校と会員、申込み希望者及び利用者の間で生じた紛争の解決については、東京簡易裁判所または東京地方裁判所を第一審専属管轄裁判所とすることに予め合意するものとします。

2017年4月1日改定