QRコード決済新時代に突入した中国

中国的二维码时代

中国のQRコード時代

 

文責:芦亚凤

 

如今走在中国城镇的大街小巷,随处都可见到店家、商铺门口贴着的二维码。在中国城镇吃、穿、住、行,已经很少会用到现金了,微信、支付宝二维码支付已经成为一种大众的支付方式。商场、超市、饭店、网上购物、手机软件打车、即使路边买个煎饼果子都可以扫一下二维码,“滴”的一声完成支付。越来越多的人出行不带现金,不带钱包,一部手机即可“驰骋天下”。

 

今や中国どこの大通りや路地を歩いてみても、商店の入り口には、 QRコード利用可のステッカーが貼ってあります。洋服を買う時、ホテルやタクシーを利用する時、現金を使う機会はもうほとんどありません。Wechat payやAlipayで決済します。商店、スーパー、レストラン、オンラインショッピング、タクシーなど、携帯アプリでお勘定を済ませます。道端で煎饼果子を買う時でさえ、QRコードをスキャンして「ピッで、はい、OK!」、多くの人が現金を携帯せず、たった一台のスマートフォンで日常生活を送ることができます。

 

二维码支付有三种方式,一个是消费者用手机扫商家的二维码;另外一种是商店用扫码枪扫消费者手机里的个人二维码完成支付。还有一种方式是可以互加好友,以发红包或者转账的方式完成支付。整个过程快速便捷。

 

QRコード決済は全部で三種類あります。一つ目は自分の携帯のQRコードを使って、二つ目はお店のQRコードを読み込んで、三つ目は友人同士で携帯アプリの「振込勘定」もしくは「红包」で決済することもできるんです。決済がとっても速くてビックリします。

 

 

这种便捷的二维码支付方式已经慢慢地改变了中国的消费习惯。如今就连菜市场的大妈买菜都有可以不带现金了。这种消费习惯的渗透是非常迅猛的,让大家不知不觉就“乐在其中”。

 

これらのQRコードによる決済方法は、中国の消費習慣を徐々に変化させています。今となっては、主婦も現金を持ち歩いて野菜を買いに行ったりはしません。このような習慣の急激な変化は目を見張るものがあり、自分自身も知らないうちに、その習慣の中で慣れ親しんでいます。

 

当然很多人会问,你们不怕存在安全隐患和隐私泄露吗?确实,今年5月我去日本研修,才知道日本并没有普及这种支付方式,可能一部分原因就在这儿。毫无疑问,手机支付带来便捷性的同时不可避免会有一定的安全隐患。但是当所有人都被这种便捷性吸引、被支付平台相互的竞争促销手段推着往前走时,往往习惯了它后才考虑到安全的问题。这时,我们已经“欲罢不能”,所以要做的,就是提高安全意识,比如设置手机密码、安装安全软件等等。当然二维码支付平台为了有更广泛的客户群,也会注重加强安全系统的建设和维护。

 

当然、多くの人が、安全面、個人情報が漏洩したりしませんか、と聞いてきます。今年5月に私は学校の研修で日本に行ったのですが、日本にはこのような決済方法がまだないことに気がつきました。日本でまだ普及していないのは、安全面と個人情報の漏洩を危惧しているからだと思います。もちろん、携帯での決済は便利ですが、安全面ではリスクもあることは疑いの余地はありません。ですが、多くの人がこれらの便利さに慣れてしまうと、それらのプラットフォームを形成する企業が競って安全面を強化することになります。そして、私たちは元に戻れなくなり、パスワードでロックしたり、ある種のソフトをダウンロードすることによって、安全面への意識を高めます。QRコードによる決済が普及するに従って、企業側も安全面を考慮し様々な対策を施すようになるのです。

 

所以,当你们来到中国,看到这个“二维码”的天下,千万别惊讶哦!

 

ですから、一度中国に遊びにいらしてみてください。QRコードが社会を席巻している様子を目の当たりにすることができますよ。決して驚かないでくださいね!