中国語講座 初級

中国語講座 初級

第1課 母音の発音(1)

きれいな中国語を話すには、正しい子音、母音、声調で発音することが大切です。 今回は正しくきれいな「単母音」のa,oの発音を勉強しましょう。

レッスンの開始

第2課 母音の発音(2)

前回は「単母音」の中のa,oの発音を勉強しましたね。今回は引き続き「単母音」の中のe,i,u の発音を勉強しましょう。

レッスンの開始

第3課 語順(1)

中国語で発音の次に大切なのは語順です。単語の位置が異なるだけで文章の意味が大きく変わってきます。
では、今回は基本的な語順 <主語+動詞+目的語>と<主語+是+目的語>を勉強しましょう。

レッスンの開始

第4課 語順(2)

前回では述語が<動詞>と<是>の基本的な語順を勉強しましたね。今回はもう一つの基本的な語順<主語+很+形容詞>について勉強しましょう。

レッスンの開始

第5課 「一」の変調

数字の「一」はご存知の通り「yī」と第一声で発音しますが、実際には、「一」の後に続く文字の発音によって、声調が変化します。具体的にどう変わるか、今日は「一」の変調について勉強します。

レッスンの開始

第6課 疑問文1「吗」

語尾に「吗」が付く疑問文は、中国語の疑問型の一つです。日本語の疑問文の末尾につける「か」と、とても よく似ています。
今日は「吗」の具体的な使い方を勉強しましょう。

レッスンの開始

第7課 疑問文2「正反疑問文」

前回は、疑問型の一つ‘吗’について勉強しましたが、今日は、もう一つの疑問型‘正反疑問文’を勉強しましょう。
正反疑問文は、肯定形と否定形を使って作ります。では、具体的な使い方を見てみましょう。

レッスンの開始

第8課 ピンイン「声母」

第一課では、母音を5つ習いましたね、今日は子音について勉強しましょう。皆さん、私と一緒に発音してみましょう。

レッスンの開始

第9課 ピンイン「母音2」

前回は8つの子音について勉強しました。今日は母音の発音を勉強します。
それでは、一緒に練習しましょう。

レッスンの開始

第10課 ピンイン「子音2」

今日は新しい子音を勉強します、一緒に発音の練習をしましょう。

レッスンの開始

第11課 ピンイン「母音3」

今日は前回の続きの母音の発音を練習しましょう。

レッスンの開始

第12課 ピンイン「母音4-1」

今日は12個の新しい母音を勉強しましょう。

レッスンの開始

第13課 ピンイン「母音4-2」

今日は前回の続きを勉強しましょう。

レッスンの開始

第14課 ピンイン「子音3」

今日は子音について勉強します、少し難しいですが、一緒に練習しましょう。

レッスンの開始

第15課 ピンイン「母音5-1」

今日は引き続き母音の発音の勉強しましょう。

レッスンの開始

第16課 ピンイン「母音5-2」

今日は前回の続き、母音の発音の練習をしましょう。

レッスンの開始

第17課 ピンイン「子音4」

今日勉強する子音jqxの発音はあまり難しくありません。一緒に発音を練習しましょう。

レッスンの開始

第18課 疑問文3「疑問代名詞」

今日は疑問代名詞を使って質問する文を勉強します。特殊疑問文と言います。疑問代名詞を使う時、語順は平叙文と同じです。

レッスンの開始

第19課 数字

今日は1から100までの数字の読み方を勉強します。中国語の数字の読み方は日本語より簡単で規則的です。では、一緒に練習しましょう。

レッスンの開始

第20課 量词

私たちは普段の生活でたくさんの数量詞を使っています。数量詞とは何でしょうか?人やもの、あるいは動作の単位を表す単語のことです。名詞や数字と一緒に使います。では一緒に勉強しましょう。

レッスンの開始

第21課 形容词

形容詞は主に名詞や代名詞を修飾します。人やものの性質、状態、特徴などを表し、述語として使います。ほとんどの形容詞は「不」、「很」で修飾することができます。では、今日は一緒に形容詞の使い方を勉強しましょう。

レッスンの開始

第22課 代词

代名詞は名詞、動詞、形容詞、数量詞、副詞などの代わりに使います。人称代名詞、疑問代名詞、指示代名詞の三つに分けられます。今日はこの三種類の代名詞について勉強しましょう。

レッスンの開始

第23課 多少钱

買い物をする時は、お金の読み方を知らなければなりません、今日は人民元の読み方について勉強します。また数量詞の使い方も練習します。今日は間違えやすい例を挙げて勉強していきましょう。

レッスンの開始

第24課 吃什么?

皆様の ご存知の通り、中国語と日本語は似てるところと違うところがあります、今日は、中国語と日本語の違う点 動詞の位置について勉強します。中国語の中で、名詞を目的語とするとき、名詞は動詞の後にきます、日本語は逆に、名詞の後に動詞がきます。では、今日は「吃、喝、买」この三つの動詞を通して、動詞の使い方を練習しましょう。

レッスンの開始

第25課 在

「在」は動詞でもあり、前置詞でもあります。どちらも場所を表す単語の前に使います。では、どこが違うでしょうか。表す意味は何でしょうか。今日は「在」の二つの使い方を勉強しましょう。

レッスンの開始

第26課 練習「在」

前回に引き続き「在」を練習しましょう。では、例文を見ながら、復習しましょう。

レッスンの開始

第27課 動詞「去」

今日は動詞の「去」と場所を表す名詞「书店」「银行」「商店」を学びます。では、一緒に勉強しましょう。

レッスンの開始

第28課 動詞/形容詞の否定形

今日は動詞/形容詞の否定形を勉強します。基本的な構造は「不」+動詞/形容詞となります。まず「不」の変調から勉強しましょう。

レッスンの開始

第29課 「是」

今日勉強する「是」の文は、「是」が述語として用いられる文です。動詞「是」の後ろの名詞は主語を説明するものです。否定形は「是」の前に否定を表す副詞の「不」を加えます。

レッスンの開始

第30課 「的」

代名詞と名詞は連体修飾語として所有関係を表す場合は、その後ろに構造助詞「的」を加えますが、構造助詞「的」を加えない場合もあります、それは如何言う状況でしょうか?今日は、それについて詳しく勉強します。

レッスンの開始

第31課 「怎么样」

この「则么样」は疑問代名詞です。情況や他人の意見を尋ねる場合に用います。では今日は具体的な使い方を勉強しましょう。

レッスンの開始

第32課 「有」の文

動詞の「有」は述語としてよく使われ、所有の意を表します。今日は肯定形と否定形を組み合わせた正反疑問文を勉強します。では具体的な使い方を見てみましょう。

レッスンの開始

第33課 「動詞、名詞述語文」

中国語の語順は一般的に主語部分、述語部分という順序です。動詞を述語として使う文を動詞述語文と言い、名詞を述語として使う文を名詞述語文と言います。動詞述語文は普通人の動作を表しますが、名詞述語文は時間、年齢、出身地、数量などを表します。

レッスンの開始

第34課 「主述述語」

主述構文で述語に使われる単語を主述述語といいます。では主述構文とは何でしょう?
主述構文とは文字通り主語と述語で構成される文で、一般に述語は形容詞の場合が多いです。述語が動詞の場合は動詞主述文、形容詞の場合は形容詞主述文、名詞が述語の文は名詞述語文といいます。

レッスンの開始

第35課 「怎么」と「怎么样」

以前「怎么样」について勉強しましたが、今日は「怎么」について勉強します。まず「怎么样」を復習しましょう。「怎么样」は2つの使い方があります。 誘うときと他人の意見を聞くときに使います。「怎么样」と「怎么」は似ていますが、意味は違います。注意して使いましょう。

レッスンの開始

第36課 復習「疑問文」

疑問文は一般疑問文、正反疑問文、特殊疑問文と選択疑問文の四つあります。今回は一般疑問文と正反疑問文について復習します。
文末に「吗」をつける疑問文は一般疑問文であり、肯定と否定を並べで使う疑問文は正反疑問文です。一般疑問文と正反疑問文の意味は一緒です。日常生活で、どちらもよく使います。

レッスンの開始

第37課 疑問文「还是」

前回は一般疑問文と正反疑問文について復習しました。今回は特殊疑問文と選択疑問文について勉強します。「谁」「什么」「哪儿」のような疑問代名詞を使って作られた文は特殊疑問文です。「还是」を使って、2つの選択肢から1つを選ばせる疑問文を選択疑問文といいます。一緒に勉強しましょう。

レッスンの開始

第39課 「还有」と「还是」の区別

「还是」と「还有」は似ていますが、意味は全く異なります。「还是」については、以前勉強したことがあります。「还是」は日本語の「それとも」の意味で、選択疑問文を作ります。「还有」は日本語の「まだ」或いは「も」の意味です。では、その二つの単語の違いについて勉強しましょう。

レッスンの開始

第40課 復習「存在文」

存在文は人や物が存在していることを表す文です。存在文を作るには、「在、有、是」三つの動詞が必要です。人あるいは物を主語とする時は「在」を使い、場所を主語とする場合は「是」あるいは「有」を使います。「有」あるいは「是」を使うときは「是字句」、「有字句」と一緒です。但し、存在文では場所が主語となります。

レッスンの開始

第41課 練習「存在文」

今回は前回復習した存在文の練習です。もう一度、整理してみましょう。
人あるいは物を主語とする時は「在」を使います。「在」は日本語の「ある」「いる」と同じ意味です。場所を主語とする場合は「有」あるいは「是」を使います。「有」は「ある」「いる」、「是」は「です」の意味です。

レッスンの開始

第42課 動詞「想」

「想」は「…するつもり」、「…希望する」、「…したい」という意味です。「想」は動詞の前に置かれます。肯定は「想+動詞」です。否定は「想」の前に「不」を入れて、「不想+動詞」になります。

レッスンの開始

第43課 動詞「要」

「要」には2つの使い方があります。一つは主観的な意志「…したい」といいたい時に使います。否定は「不想」です。もう一つは客観的な要求を表します。日本語の「…必要があります」の意味です。否定は「不用」です。

レッスンの開始

第44課 「想」と「要」の区別

1. 前回は「想」と「要」について勉強しました。今回は実際に練習してみましょう。「想」は主観的な願いを表します。「要」は二つの意味があります。一つは主観的な意志の要求を表します。もう一つは客観的な事実の要求を表します。主観的な願いや意志を表す「想」と「要」の否定形はどちらも「不想」です。

レッスンの開始

第45課 「吧」

「吧」は文末に置かれます。三つの意味があります。第一に、確認・疑問・推量を表します。第二に、相談・提案・命令・要求を表します。第三に、同意を表します。

レッスンの開始

第46課 「给」

「给」は動詞或いは前置詞として使います。動詞の「给」と前置詞の「给」の意味は異なります。動詞の場合は「人に物を与える」という意味です。前置詞の場合は物の受け手を導きます。日本語では、動詞の対象を表す「…に」に相当します。

レッスンの開始

第47課 「给我打个电话」

中国人は量詞を頻繁に使います。例えば、「给我打电话」より、「给我打个电话」という言い方をします。ここでの「个」は特に意味はありませんが、気軽なニュアンスになります。

レッスンの開始

第48課 「好吗」

「…,好吗?」は、自分の意見を話し、相手の意向を問う時に使う疑問文です。…の部分は陳述文です。柔らかい聞き方ですので、このような質問を受けて断る時には、断り方に注意が必要です。

レッスンの開始

第49課 「昨天,今天,明天」

日常生活ではよく以前に発生した事や、現在進行中の事、将来まだ発生していない事など様々な時制の出来事が話題に上りますね、では、過去、現在、未来の違いを中国語ではどう言い分けるのでしょうか。今日はこれについて勉強しましょう。

レッスンの開始

第50課 「A是A,可是…」

今日は一つの文型について勉強します。この文型はまずある事実を承認または肯定してから、その後に逆接的な文を続けたいときの表現です。

レッスンの開始

第51課 「前置词」

今日は前置詞の組み立てについて勉強しましょう。前置詞は連用修飾語として使われ、述語の前に置かれます。主に場所、対象などを表す時に使います。

レッスンの開始

第52課 単語「觉得,听说,经常」

今日はいくつかの単語について勉強しましょう。「觉得」は「…と思う」、「听说」は「…だそうです」、「经常」は「よく」という意味です。

レッスンの開始

第53課 連詞「又…又…」

今日は「又…又」について勉強しましょう。この文型は2つの性質あるいは情況が同時に存在することを表します。

レッスンの開始

第54課 連動文

一文の中で同一の主語の動作として、複数の動詞あるいは動詞構造が続く動詞述語文は連動文と呼ばれます。よく使う文型は「主语+来/去+动作」です。

レッスンの開始

第55課 動詞の重ね

動詞の重ね型には以下の3つの意味があります。1つ目は「簡単にすること」を表します。2つ目は「動作の時間が短いこと」を表します。3つ目は「試しにすること」を表します。

レッスンの開始

第56課 動詞の重ねの練習

前回は動詞の重ね型について勉強しました。今回は少し復習してから、練習問題をしましょう。

レッスンの開始

第57課 動詞述語文

中国語の一部の動詞は2つの目的語を取れます。間接目的語と直接目的語です。つまり、人と物事です。文型は「动词+人+事物」です。

レッスンの開始

第58課 復習-中国語の語順

今日は中国語の語順について復習と練習をしましょう。

レッスンの開始

中国語講座 初級 第59課 「连动句」

前回は動作の目的を表す連動文を勉強しました。今回は動作の手段を表す連動文を勉強しましょう。

レッスンの開始

中国語講座 初級 第60課 復習「连动句」

いくつかの動詞、動詞構造が続いて同一の主語を説明する動詞述語文は連動文と呼ばれます。今回は今までに勉強した二種類の使い方について復習しましょう。

レッスンの開始

中国語講座 初級 第61課「喜欢」

今日は「喜欢」という単語を勉強しましょう。この単語は二つの使い方があります。「喜欢+名詞」は「物が好き」という意味で、「喜欢+動詞」は「…することが好き」という意味です。

レッスンの開始

中国語講座 初級 第62課「找」

今日は「找」という単語を勉強しましょう。この単語は探す、訪ねる、お釣りを出す、三つの意味があります。

レッスンの開始

中国語講座 初級 第63課「时间词」

今日は時間詞について勉強しましょう。時間詞は主語、述語、連体修飾語、連用修飾語として使えます。時間が2つあると、長い方が先になります。時間と場所が同時に存在する文の場合、時間は一般的に場所の前に置かれます。

レッスンの開始

中国語講座 初級 第64課「的」

今日は結構助詞「的」について勉強します。代名詞/名詞+的+名詞。この文型は後ろの名詞が前の名詞に所属していることを表しています。例を見てみましょう:我的书(私の本)。「我」代名詞+的+「书」名詞。

レッスンの開始

中国語講座 初級 第65課「过+地点」

今日は「去过」について勉強しましょう。〜に行ったことがあるという意味です。主語+去过+場所( 〜) 。例を見てみましょう:我去过北京。(北京に行ったことがある。)「我」主語+去过+「北京」場所。

レッスンの開始

中国語講座 初級 第66課「正在、在,正…呢」

今日は「正在、在,正…呢」について勉強しました。これは動作の進行を表しています。…をしているという意味です。例:我在看电视呢。私はいまテレビを見ています。

レッスンの開始

中国語講座 初級 第67課「有的…有的…」

今日は「有的…有的…」について勉強しました。これは一部は…一部は…という意味です。例:教室里的学生,有的在读书,有的在写作业。教室の生徒たちの一部は本を読み一部は宿題をしている。

レッスンの開始

中国語講座 初級 第68課「一边…一边…」

今日は「一边…一边…」について勉強しました。これは…をしながら、…をしているという意味です。例:我一边吃饭,一边看电视。私はご飯を食べながら、テレビを見ています。

レッスンの開始

中国語講座 初級 第69課「了」

今日は「了」について勉強しました。今回は新しい使い方で、…になりましたという意味です。例:今年我21岁了。今年で私は21歳になりました。

レッスンの開始

中国語講座 初級 第70課「会」

今日は能願動詞「会」について勉強しました。これはAある技能を身につける とB可能性と推測の二つの意味です。例1、我会游泳。私は泳げる。2、明天会下雨吧。あした雨が降るかもしれない。

レッスンの開始

中国語講座 初級 第71課「就…才」

今日は副詞の「就..才」について勉強しました。就は事柄が発生するのが早い、物事が順調にいっているという意味です。これと反対に才は事柄が発生するのが 遅い、物事が順調にいっていないという意味です。例:他5点就起了,我10点才起。彼は5時に起きましたが、私は10時に起きました。

レッスンの開始

中国語講座 初級 第72課 「几」 と「多少」

皆さん、今日勉強する内容は“几と多少”です。几と多少はともに数量を質問する時に使います。では、この二つの言葉はどんな違いがありますか?これから、先生と一緒に勉強しましょう。

レッスンの開始

中国語講座 初級 第73課 「年」

“今年は何年ですか?”“今年は平成28年です。”こういうことは中国語でどう話したらいいですか?では、先生の説明を見てください。

レッスンの開始

中国語講座 初級 第74課 「月」

前回「年」の言い方を勉強しました。では、今回は「月」の言い方を一緒に勉強しましょう。

レッスンの開始

中国語講座 初級 第75課 「日」

“1日”(ついたち)は中国語でどう言いますか?“1日”ですか、それとも“1号”ですか。では、一緒に勉強しましょう。

レッスンの開始

中国語講座 初級 第76課 「星期」

曜日は中国語で3つの言い方があります。どの3つですか?では、一緒に勉強しましょう。

レッスンの開始

中国語講座 初級 第77課 「呢」

この前、疑問言葉“吗”と“吧”を勉強しましたね。今回、先生は皆さんと一緒に“呢”を勉強します。疑問言葉としての“呢”は二つの働きがあります。では、一緒に見てみましょう。

レッスンの開始

中国語講座 初級 第78課 「“的”和“地”」

この前、“的”と“地”の使い方を教えましたね。この二つの言葉は発音が同じで
、どんな違いがありますか。今回、皆さんと一緒に勉強しましょうか。

レッスンの開始

中国語講座 初級 第79課 「简单谓语」

中国語ではいろいろな言葉が述語になれます。この前もたくさん教えました。今回、簡単な述語について皆さんと一緒に纏めましょう。

レッスンの開始

中国語講座 初級 第80課 「一点儿」

今日は皆さんと一緒に“一点儿”を勉強します。“一点儿”は二つの使い方があります。1つは名詞の前に置きます、1つは形容詞の後に置きます。具体的な内容は一緒に見てみましょう。

レッスンの開始

中国語講座 初級 第81課 「有一点儿」

今日は皆さんと一緒に“有一点儿”を勉強します。“有一点儿”は二つの使い方があります。1つは形容詞の前に置きます、1つは動詞の前に置きます。具体的な内容は一緒に見てみましょう。

レッスンの開始

中国語講座 初級 第82課 「疑问副词“多”」

形容詞としての“多”は皆さんがよく使いますね。今日は皆さんと一緒に“多”のもう一つの使い方を勉強しましょうか。

レッスンの開始

中国語講座 初級 第83課 「概数(一)」

今日は皆さんと一緒に概数の“多”を勉強します。日本語の“あまり”の意味とは同じですが、どう使えば正しいですか?一緒に見てみましょう。

レッスンの開始

中国語講座 初級 第84課 「概数(二)」

“多”の他に、隣の数学で概数を表す方法もあります。これは不確定の意味を表しています。

レッスンの開始

中国語講座 初級 第85課 「概数(三)」

“前后”“左右”で概数を表す方法はたくさんの人が知ってますが、二つの言葉はどんな違いがありますか?今回で説明します。

レッスンの開始

中国語講座 初級 第86課 「助動詞“会”」

今日は皆さんと一緒に助動詞の“会”を勉強します。“会”は基本的に二つの意味があります。では、一緒に見てみましょう。

レッスンの開始

中国語講座 初級 第87課 「助動詞“能”」

“会”の他に、もう一つ似ている助動詞“能”もあります。“能”はどう使いましょうか、今説明します。

レッスンの開始

中国語講座 初級 第88課 「助動詞“会”と“能”」

“会”と“能”は日本で全部“できる”と翻訳出来ますが、どんな違いがありますか。これから、説明します。

レッスンの開始

中国語講座 初級 第89課 「文の成分(1)」

今回は皆さんと一緒に文の成分を勉強します。文の成分とは、SVOなどのことです。中国語にはどんな特徴があるのでしょうか。一緒に見てみましょう。

レッスンの開始

中国語講座 初級 第90課 「文の成分(2)」

今回は中国語の主語、述語と目的語について説明します。中国語では、どんな言葉が主語、述語、目的語になるのでしょう。一緒に見てみましょう。

レッスンの開始

中国語講座 初級 第91課 「文の成分(3)」

“定语”は日本語でいう連体修飾語のことです。今回は皆さんと一緒に“定语”を勉強します。

レッスンの開始

中国語講座 初級 第92課 「文の成分(4)」

言語の中で、連用修飾語はなくてはならないものです。中国語の連用修飾語はどう使うのでしょうか。一緒に見てみましょう

レッスンの開始

中国語講座 初級 第93課 「文の成分(5)」

中国語の補語にはいろんな種類があります。外国人の中国語学習者にとって、とても難しい文法です。今回は、皆さんとご一緒に文の成分から補語の種類を見ていきます。

レッスンの開始

中国語講座 初級 第95課 「“的”のルール(1)」

“的”は連体修飾語の後ろ、修飾される名詞の前に起きます。連体修飾語の表現はいろいろあり、どういう場合に的を入れるか、どういう場合に入れないのかこれから見ていきます。

レッスンの開始

中国語講座 初級 第96課 「“的”のルール(2)」

前回“的”の入れ方を説明しました。今回は前回の続きから説明致します。

レッスンの開始

中国語講座 初級 第97課 「時量補語(1)」

今回は時量補語を勉強します。時量補語とは何か、どういう時に使うか、どう表現するか、一緒に見ていきましょう。

レッスンの開始

中国語講座 初級 第98課 「時量補語(2)」

前回“的”の入れ方を説明しました。今回は前回の続きから説明致します。

レッスンの開始

中国語講座 初級 第99課 「時量補語(3)」

目的語が要る時、時量補語の使い方はいろいろあります。今回は特別な使い方を勉強します。

レッスンの開始

中国語講座 初級 第100課 「時量補語(4)」

今回も続いて時量補語を勉強します。今回勉強するのは離合動詞の時量補語です。
まずは離合動詞とは何か勉強しましょう。

レッスンの開始

25分 x 2回までの無料体験レッスンがあります。まずはお試しください。

無料体験レッスンのお申し込み