日美の成就ダルマ

 

 

 

 

 

学校の縦長の黒板を活かす方法はないか?

そう考えて思いついたのが、みんなの“夢”ボードと成就ダルマ。

これが、当初の予想以上の効果を見せている。

 

 

 

 

 

 

 

ある人は中国語を、ある人は日本語を、ある人は学校の授業の補習を、ある人は受験勉強を。

日美に集う人々は学んでいる内容はもちろん、学ぶ方法、学ぶ時間もそれぞれだ。

それでも縁あって、この学校に集い、老若男女がそれぞれの学び方で、

昨日より今日、去年より今年の進歩を目指し、その成果に喜び、未来へつなげようと励んでいる。

 

 

 

私が担当する学習塾は、この冬7名の受験生を日本へ送り出す。

大学、高校、中学受験、そして小学校の編入試験。既に高校受験は3人が見事第一志望校に合格!

真冬の青島に、幸先良くサクラが咲きだした。これもダルマのおかげ?

 

 

 

 

 

この“夢”ボードに貼られた目標はそれぞれ

 

「2018年3月までにHSK5級合格!」

「英検2級と志望校合格!」

「为通过N2 加油努力学习!」

「学好日语,早睡早起,会计考试合格」

「2学期はAを取りまくる!」

「算数を好きになる」

「心身ともに成長そして就職」などなど。

 

 

日本語あり、中国語あり。

具体的な目標から、やや抽象的な内容のものまで、

自分の目標をカードに書いて貼っておく。

見事成就すればそのカードがダルマのもとへ移動する仕組みだ。

おかげさまで、続々と達磨の周りがにぎやかになってきた!

 

 

 

 

 

この効果の秘密はどこに?

どこか校長に似ているダルマのおかげか??

 

 

 

 

 

 

努力なくしてご利益がないのはもちろんだが、ある塾生の一言に納得した。

 

 

「ここにいつまでも貼ってあると、恥ずかしいんですよね!」

 

 

 

 

 

なるほど…だから、成就するわけだ。

 

 

 

初めは書く事を恥ずかしがっていた子も、ひとつ合格すると‘‘くせ”になり、

「次は何を書こうかな~」と、

また一つ夢の種を蒔く。

 

 

 

 

叶った夢の周りに書かれた

 

“おめでとう“

“恭喜你!”

“よく頑張りました!”のコメントで

達成感や喜びも倍増!

 

 

 

 

人は年を取ると子供の時より少しものを知ったような気になって、

‘‘夢”なんていうのは若い人が持つものだなんて思っていないだろうか?

また、大それたことは書けないとか、人に見られたら恥ずかしいとか、

そんな風に考えていないだろうか?

 

 

 

 

日美に集う人々を見ていると、それらは言い訳にしか聞こえなくなってくる。

大人も子供も生きている限り目標を持てるし、夢を抱ける。

老いも若きも励まし合い、喜び合い、支え合い、学び合えば良い。

 

 

 

 

 

学校という場所は学ぶという共通項で皆が繋がれる場所だ。

学ぶとは新しいことを知ること、覚えることであり、

そして昨日できなかったこと、わからなかったことが今日できる、分かるようになることとも言える。

生涯学び続けたい方、学び続けている方、ぜひ日美の夢ボードに目標を貼りにいらしてください。

 

 

 

 

あなたの夢もきっと叶います!

 

 

 

 

学費はいただきますが、お賽銭や札代は無料です!

 

 

 

2017年の感謝を込めて、今年最後のブログです。 みなさま良いお年をお迎えください!

 

 

文責:前嶋